logo-bg-2020.png
logo-2021-new.png
 

イベントメニューを「おうち」で 楽しもう!

好評につき、「おうちで激辛グルメ祭り」が更にパワーアップ!

会場でお楽しみいたただく予定だった”激辛だけど超うまい!”名物料理の数々を 冷凍食品にしてお届け致します。 新店舗も、新メニューも増やして、皆様からのご注文をお待ちしております。 おうちで!いつでも!誰とでも!お取り寄せしてお楽しみ下さい。

激辛グルメ祭り・ガーリック&チーズパラダイス

参加店舗

四川料理_京華樓.jpg
辛麺屋_一輪.jpg
MAMIANA_沖縄.jpg
神田Komizカレー.jpg
MARZAC7.jpg
赤い壺.jpg
square-18.jpg
trattoria_bubu.jpg
kouei.jpg
bakatare.jpg
アムリタ食堂_icon.jpg
square-13.jpg
square-16.jpg
自家製麺_ほうきぼし.jpg
safuran-ikebukuro.jpg
square-9.jpg
square-29.jpg
鉄板中華_仁.jpg
NEST_CHICKEN.jpg
square-26.jpg
ra-hole.jpg
square-3.jpg
陳家私菜.jpg
square-1.jpg
square-27.jpg
square-14.jpg
四川料理_謝朋酒樓.jpg
square-12.jpg
ナングロガル.jpg
square-24.jpg
 

激辛グルメ祭り 2021

公式商品

公式の

「一味唐辛子」

絶賛発売中

唐辛子研究家 一匠氏が監修

「現状、国産唐辛子の生産量は 10% にも満たず、なおかつ生唐辛子に関しては非常に安く、唐辛子専業農家さんは数える程しかいません。もしも、一般的に適正価格で流通する様になれば専業農家さんも増え、新種の開発も他国に遅れは取らないはずです。

issyo.jpg

唐辛子は料理の名バイプレーヤーです。

かつて日本に伝来した1700年代は食べ物ではなく足袋に入れて凍傷を防いだり、目潰しに使われたりと現在では考えられない消費方法でしたが、 今逆に例えばヘッドスパ前の頭皮拡張のエッセンスで使われたり、マッサージ業界では施術前の血流を良くするハーブティーブレンドで使われたりと、唐辛子の無限の可能性が極々控えめながらも広まりつつあります。

それでもやはり唐辛子は食べて美味しいもの! 多くの外国産とは違った甘み旨味を是非色々な料理に試してみて下さい!

chile.png
with_farmer.jpg

「日本一の激辛イベントである激辛グルメ祭りだからこそ、より多くの Chiliheads の皆様が国産唐辛子の旨さを伝えて頂ける大きな好機と思い、この度は大変恐縮ながらも監修を受けさせて頂きました」

​一匠

  • Twitter
2021瞬.jpg

「瞬」(しゅん)2021 

¥1,000-(税込)

本年から新しくラインナップに加わった瞬。 昨今のシビ辛ブームで多くのファンの方々方々から痺れる辛さの唐辛子を! との多くの声を頂き、国内から様々な山椒を取り寄せ調合を繰り返しました。 結果今年は和歌山産の山椒を大量に使用。和歌山産の山椒は品質も高く、フレンチの巨匠やパティシエもわざわざ訪れて料理に使用するほど鮮烈な香味がポイントです。 商品コンセプトとして、やはり山椒の痺れ、香りを全面に出す為、超激辛仕立てではありませんが、それでも3種の国産唐辛子をブレンドし、辛味と痺れを両立させた仕上がりとなっております。 また更に激辛バージョンを! との声があれば改めて開発しますが原料に限りがある為売り切る前に是非ご賞味ください

2021匠.jpg

「匠」(たくみ)2021 

¥500-(税込)

2020年同様、ただ辛い!ではなく旨味を味わえる旨辛仕立ての配合となっております。
メインとなるのは旨味溢れる栃木三鷹をベースに、今年は後から感じる爽やかさを出したいと、ハバネロの中でもより爽やかな辛味を感じる品種を使用、その爽やかな旨辛の中にもキリッとした辛さを表現する為、ジョロキアも少量ブレンドした、唐辛子初心者の方も旨辛の入り口として和洋中問わず普段使いしてもらえる旨辛唐辛子です。

2021閃.jpg

「閃」(せん)2021 

¥1,000-(税込)

昨年も日本の辛味シリーズでも1番の人気となった閃。
なんと言ってもその理由はまさに閃光の様にズバッと抜ける辛さ。
今年は更に突き抜ける爽快な辛さを出す為に石垣島の激辛唐辛子「辛富士」を激辛唐辛子群にラインアップ。
閃の最大のポイントである、抜ける辛さの最後にグッと押し寄せる辛味はまさに普段使い出来る激辛一味!
5種の国際唐辛子が織りなす五重奏を是非お楽しみ下さい。

2021頂.jpg

「頂」(いただき)2021 

¥1,800-(税込)

2020年最終ラインナップで登場した超激辛一味唐辛子の頂。
商品コンセプトとしては、とにかく激辛ファンも唸る程の辛さという事で、国産キャロライナリーパー、ブードジョロキアを大量に配合、今年はそこに鮮烈な辛さの辛富士も大量配合!
一振り、また一振りで表情を変える今年の頂は昨年以上に取り扱い注意!

激辛グルメ祭りの

「公式花椒」が誕生

一振りするだけで激辛グルメを更に美味しく刺激的にお召し上がりいただけます。

麻辣連盟総裁 中川正道氏が監修

■ 幻の第6の味覚「シビレ」

人間には5つの味覚(甘味、酸味、塩味、苦味、うま味)があると言われている。しかし、四川省には6つ目の味覚がある。それが山椒の一種の「花椒(ホアジャオ)」を使った「麻(マー)シビレる」。四川省南部の秘境、涼山彝族自治州で生産されている青花椒をベースに四川省産の赤花椒をミックス。香りとしびれMAXのスパイス。脳を刺激するシビレをぜひ、体験ください。

hoajyao_02.jpg

花椒は、何といっても麻婆豆腐や担々麺など四川料理に使用することが多いスパイスです。花椒の産地に関しても、本場中国では四川省産が一番と言われていますが、花椒後進国である日本に輸入されているのは安価な山東省産がほとんど。そこで、今回「金の稲妻」を企画するに際しては、違いが分かる「激辛グルメ祭り」ユーザー様に、本物のシビレを提供したいとの思いから、貴重な四川省産花椒だけを100%使用することとしました。さらにお伝えしたいのが、花椒はシビレだけでなく、香りも楽しむスパイスであるということ。ヨーロッパでは、香水の原料として青花椒の香りが使用されているほどなのです。

hoajyao_03.jpg
hoajyao_04.jpg

「青花椒は、赤花椒の未熟の実」と誤解されている方がいらっしゃいますが、青花椒は、赤花椒と品種が違い、完熟しても赤花椒のように全ての実が赤くなることはありません。

inazuma.jpg

「金の稲妻」

¥1,500-(税込)

「金の稲妻」という名前は、主原料である青花椒の産地四川省金陽県の「金」、さらに、猛烈なシビレを「稲妻」と表現しています。なんと、この四川省金陽県は中国政府から「中国青花椒第一県」の称号を得ている中国でも一番の青花椒の産地なんです。この四川省金陽県産の青花椒に、芳醇な香りが特徴の四川省産赤花椒を絶妙のバランスでブレンド。他にない香りとシビレをご堪能ください。

 

twitter

  • Twitter

Facebook

  • Facebookの社会的なアイコン

激辛グルメ祭り公式 Youtube チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCJb8rE_lO4uTfbsN73zEtIQ/featured

公式 TikTok

https://www.tiktok.com/@gekikarafes

 

お問い合わせ先

激辛グルメ祭り運営事務局
MAIL:support@gekikara-gourmet.com